香水の捨て方とは?正しい処分方法を手順付きで解説【捨てるよりお得な方法】

「香水ってどうやって捨てたらいいの?」

余った香水って、どう処分したらいいのか迷いますよね。
そのままゴミに出してもいいのか疑問に思う人も多いでしょう

結論から言うと、香水には正しい捨て方があります。
間違った捨て方をすると、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

そこで今回は、

  • 香水を捨てる前に確認すること
  • 劣化した香水の見分け方
  • 香水の正しい捨て方
  • 間違った捨て方
  • 捨てるよりもお得な方法

を順番に解説していきます。

香水を捨てる前に使用期限を確認する

香水を捨てる前に、使用期限を必ず確認しましょう。
もしかしたら、まだ利用できるかもしれません。

とはいっても、香水のパッケージに使用期限が書かれていることはほとんどありません。
そのため、薬事法に定められた期間から大体の期限を知る必要があります。

一般的に香水は、薬事法のもと3年間は劣化しないように作られています。
購入した日から、だいたい3年間が香水の使用期限と考えましょう。

ただし、香水の保管方法によっても使用期限が異なります。
環境が良くない場所で保管していると、使用期限はさらに短くなります。
香水は正しい環境で保管するようにしましょう。

香水の保管方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。

ちなみに、3年というのは未開封の状態です。
香水は一度開封すると、どんどん劣化していきます。
開封してから1年が目安となるので、その期間内に使い切るようにしましょう。

劣化した香水の見分け方

先ほどは使用期限について説明しました。
しかし、人によっては購入した時期を覚えていないという人も多いでしょう。

そんなときは、香水の状態を見て判断する必要があります。
ここでは、劣化した香水の見分け方を2つ紹介します。

香りが変化する

香水はアルコールで作られています。
そのため、劣化していると古い油やホコリっぽいような嫌な臭いがします。

そのままつけてしまうと、悪臭となって周囲の人にも嫌な思いをさせてしまいます。
香水から変な臭いがしていたら、使わないようにしましょう。
嫌な臭いではなく、香りが薄くなっているのも劣化のサインです。
香水が揮発して成分が変わっているため、この場合もつけないようにしてください。

変色する

香水は劣化し始めると色が変わってきます。
濁った色になっている、もしくは買ったときの色と違う場合は、使用期限が過ぎている恐れがあるので使わないようにしましょう。

香水のボトルが透明ではない場合、色の確認ができませんよね。
そういったときは、ティッシュに吹きかけることで色を確認できます。
吹きかけたティッシュの色が変色しているようなら、使わずに捨てるようにしてください。

劣化した香水をつけると、肌トラブルの原因になります。
不要なリスクは避けるようにしましょう。

香水の正しい捨て方

香水を捨てる際に困るのが処分方法ですよね!
ここでは、香水の正しい捨て方を手順ごとに説明します。

【準備するもの】

  • 新聞紙
  • マイナスドライバー
  • ニッパー
  • 軍手
  • ビニール袋

スプレー部分の金属を外す

金属を外す前に、床に新聞紙を敷いてください。
そうすることで、中身が飛び散っても床を汚さなくて済みます。

また、スプレー部分の金属は頑丈にはめられているので、素手でやるとケガをする恐れがあります。
必ず軍手を着用するようにしてください。

準備ができたら、金属を外していきます。
スプレー部分のつなぎ目が、ネジで留められている場合は、ドライバーで簡単に外すことができます。

ネジではない場合、ニッパーやマイナスドライバーをねじ込んで切り離しましょう。
力作業となるので、ケガだけには気をつけてくださいね!

香水の中身を捨てる

スプレー部分を取り外したら、中身の液体を捨てます。

ビニール袋に丸めた新聞紙を入れ、そのなかに香水を入れましょう。
そうすることで、新聞紙が香水を吸い取ってくれます。

入れ終わったらしっかり袋を閉じ、燃えるゴミとして捨てましょう。
臭いが気になる人は、ジップロックに入れて密閉すると臭いを抑えられます。

分別してキャップやボトルを捨てる

残ったキャップやボトル、金属部分は分別して捨てます。

【分別方法】

  • 金属部分:金属ゴミ
  • ボトル・瓶:燃えないゴミ・割れ物など
  • キャップ:プラスチックゴミ

ただし、各自治体によって分別ルールは異なります。
捨てる場合は、住んでいる地域の分別ルールに従いましょう。

香水の間違った捨て方

香水の正しい捨て方は若干手間がかかります。
とはいえ、下記のような間違った捨て方は迷惑になるのでやめてくださいね!

トイレやシンクに捨てる

香水の液体をそのままトイレやシンクに捨てると、強烈な匂いを放ってしまいます。
しばらく部屋中に充満するのでやめましょう。

香水はアルコールでできていため、トイレやシンクに直接流すことは環境破壊にも繋がります。
環境に配慮して、正しく捨てるようにしてください。

そのままゴミに出す

香水を分解しないで、そのままゴミに出すのもNGです。
ゴミ収集の作業員が迷惑しますし、アルコールが原因で大きな事故に繋がる恐れもあります。

手間ではありますが、しっかり分解し分別して捨てるようにしましょう。

捨てるよりもお得な方法!

香水を捨てる以外にもお得な処分方法があります。
ここでは、捨てる以外の3つの方法を紹介します。

芳香剤

古くなった香水は、トイレの芳香剤として利用できます。
コットンやガーゼ、脱脂綿などに染み込ませトイレに置いてみましょう。

あまり長くは持ちませんが、ほのかな香水の香りを楽しむことができます。
芳香剤を買う必要がないので、捨てるよりお得です。

アロマオイル

アロマディフューザーのオイルとしても利用できます。
ディフューザーに数滴香水をたらすだけで、部屋中が香水の香りに包まれます。

アロマディフューザーがなくても、香水のフタを外してそのまま置くだけでも香りがします。
ただし、量が多いと香りが強くなるので、うまく調整するようにしてください。

売る

香水が未開封であれば、

  • リサイクルショップ
  • メルカリやオークション
  • 買取専門店

などで売ることもできます。

ただし、ブランド品や限定の香水でない限りは、そこまで高く売れません。
少しでもお金にしたいという人には、ピッタリの処分方法です。

香水を捨てなくて済む方法

香水を普段からつけている人は通常サイズでも問題ありませんが、あまりつけない人は小さめの香水を買うようにしましょう。

そうすることで、残さず使い切ることができます。

香水は開封してしまうと1年ほどで劣化します。
1年で使い切れる量を選んで購入してください。

まとめ

香水の処分には、捨てる以外にもいくつかの方法があります。
どれも捨てるよりお得な方法です。
まずは捨てる前に再利用もしくは売却できないか考えてみましょう。

それでも捨てる場合は、今回紹介した正しい捨て方で処分してくださいね!